ジャスティンビーバーもはしか二次感染のおそれ!?重症化すると死亡も! | KIMUNOTE

芸能

ジャスティンビーバーもはしか二次感染のおそれ!?重症化すると死亡も!

2016/11/08

国際感染症センターがはしかの2次感染の注意喚起を医療機関にしたというニュースが報道されました。『はしか』は感染力が強くワクチン接種を行うことのできない1歳未満の子供や免疫力の低下している高齢の方がかかってしまうと重症化してしまうそうです。私にも0歳の子供がいますので、他人事とは思えません。なぜ『はしか』にかかっているのにコンサートに行ってしまったのか、はしかとはどんな症状がでるのか、調べてみました。

医療機関が『はしか』診断できずそのままコンサートに

TV情報によると兵庫県西宮在住の19歳の男性が、幕張メッセでのジャスティンビーバーさんのコンサートに参加したため2次感染の恐れ、とのこと。

コンサートにはおよそ25000人の観客がいたそうです。

大好きなミュージシャンが日本に来ているというのに、熱が出ているくらいじゃ行かないわけにはいかない!という気持ちはよくわかりますよね。

がしかし、普通に考えてはしかにかかった状態で多くの人が集まる場所に行くなんて考えられない!と思います。

これはバイオテロだ!という人もいますが、熱が出ているにも関わらずコンサートに参加したのには理由があるんです。

男性は、はしかに感染しているとは知らなかったのでコンサートに行ってしまったのも仕方がないのではないでしょうか。

この男性は、以前にインドネシアのバリ島旅行に行き、感染したとみられています。

その後8月9日に39℃の熱が出て、12日全身に発疹が…。病院受診をしたけどはしかとは診断されず、

ただの風邪との診断。14日には熱が出たままコンサートに行ったのだとか。

15日コンサート後に地元の病院ではしかと診断されたようですが…

全身に発疹と熱が出ているのに、はしかと診断できないものなのでしょうか?

素人考えだとそのぐらいお医者さん診断してよ!と思ってしまいます…。

初期症状は風邪のような感じらしいので、お医者さんでも判断が難しいのでしょうか?

男性は3日から15日の間、男性は東京神奈川千葉を訪れており

たくさんの人が感染した可能性もある、ということで医療機関に注意喚起という運びになったそうです。

潜伏期間を考えると8月24日頃から数日以内に発症する可能性があるということです。

 

スポンサーリンク

 

そもそも『はしか』ってどんな病気?

症状は高熱や全身発疹。ウイルス性の病気で空気・飛沫・接触によって感染する非常に感染力の強い病気です。

免疫のない人はほぼ100%感染するそうです…。

潜伏期間は10~12日間ということなので、24日頃から数日以内に発症する可能性があります!!

怖いですよね。

免疫力の低い高齢の方や、まだ予防接種を受けることのできない1歳未満の子供が発症してしまったら大変です。

重症化した場合、肺炎を引き起こし、最悪のケースだと死亡してしまう可能性もあるそうです。

また、妊娠中の感染は流産のする可能性もあるので要注意です!

最後に

今のところジャスティンビーバーさんがはしかに感染!というニュースは出回っていないので、大丈夫そうですね。

コンサートに参戦された方は注意してくださいね。

初期症状は風邪に似ている症状で気づきにくい『はしか』ですから、体の調子が優れなければすぐに病院にかかった方がよさそうです。

病院に行く場合は院内感染する場合もありますので、マスクをして、はしかの可能性がある場合は一度病院の方に連絡する方がいいかもしれませんね。

特に免疫力の低い高齢の方・小さな子供に感染してしまっては大変ですので細心の注意を払いたいものです。

すでに数人はしかに感染したという情報もありますので、みなさんも気を付けてくださいね。

-芸能
-,