【黒い十人の女】第7話『十人の女が集うぜよ』あらすじや感想!またまたカフェラテ! | KIMUNOTE

ドラマ

【黒い十人の女】第7話『十人の女が集うぜよ』あらすじや感想!またまたカフェラテ!

2016/11/12

6話に引き続き、女の戦いが繰り広げられます。真空飛び膝蹴りをくらった美羽(佐藤仁美)、くらわせた真衣(白羽ゆり)…、同じ職場に勤めていた真衣と彩乃(佐野ひなこ)…またまた言い争いです。そしていよいよ『淡い三人の男』ドラマが始まります。。。このドラマの視聴率はいかに!?ドラマ制作者の裏の舞台が描き出されています。個人的にドラマの視聴率が悪かった時の動き…とても興味深かったです。それでは、第7話のあらすじなどについて書いていきます!

【黒い十人の女】第7話『十人の女が集うぜよ』あらすじ

2週間前

ー佳代(水野美紀)は今まで起きたことを振り返り、何かを思い付いた。

淡い三人の男、新ドラマがスタートした。愛人たちはそれぞれ違う場所でドラマをみていた。

久未(成海璃子)・彩乃・穂花【食事しながらテレビ鑑賞】

『穂:やばい、超おもしろい』

『久:おもしろくなくはないんだけどさぁ…実際こうなってみてみると…なんていうかヌルいんだよね』

『彩:うん、リアリティがない!』『穂:そうなの?』

『久:だってさーこれは三股の話でしょ。こっちは現実で十股を経験してるからね』『穂:まぁそれこそドラマみたいだもんね』

『彩:現実はもっと壮絶だもん』彩乃は先日久未とバトルして負傷した腕を見せた。

『穂:うわー。でも二人が特殊なんじゃない?現実はもっとじーっとりしてるイメージだけどね』

『彩:イヤ、これが不倫だから』『久:そう、不倫はさ…戦争だもん!

 

志乃(トリンドル玲奈)・夢(平山あや)・沙英(ちすん)【家でテレビ鑑賞】

『志:最初本もらったときはおもしろそうだったのに』

『沙:あのときはこんなことになる前だったからね』

『夢:普通の不倫のつもりだったもんねー』

『志:なまっちょろー』『沙:確かに弱い』『夢:こんなもんじゃないよね』『志:うちらがやってるのは…戦争だもん!

 

睦(若村麻由美)【家でワイン飲みながらテレビ鑑賞】

一人で観ていたが『睦:しょーもな』と序盤でテレビを消した。

佳代・劇団員【事務所でビール飲みながらテレビ鑑賞】

『団:佳代さんの出番ってまだあります?』『佳:とりあえず今回はこれまでかな…』

『団:あっこれからいろいろ絡んでいくんですか?』

『佳:…そうかな、何かしらの鍵を握ってるんだろうね』

『団:へー楽しみだな、ね?』うなずく団員たち。佳代の役が店員Bだなんて思ってもみなかった劇団員はなんと反応したらいいのか困っていた。

 

風(船越英一郎)・真衣【テレビはみないでデート】

『真:ドラマのオンエア観なくていいの?』風はもうさんざん観たから…と真衣と食事をしている。

『真:結婚して。ダメ?どうして?』不倫が夫にバレて離婚したため風にお願いする真衣。『真:私何もかも失っちゃった』風にも責任はあるから離婚して結婚してとお願いする。『風:結婚生活を続けながらたまーに僕と会うのが理想だったハズ。それを離婚したから結婚してくれは違う。申し訳ないけど聞けないよ』風は笑った。

『風:変わらぬ二人にかんぱーい』《真:コイツ死ねばいいのに》真衣は風をにらみつけていた。

 

『佳:卯野真衣…』佳代はフェイスブックを見ながら電話をかけていた…

翌日

久美は局の廊下でたまたま首を負傷した美羽と会った。《久:また誰かともめたのかな?あのドラマ現場愛人6人…その誰かだろうな。てかどんな空気で撮影してんだろう。考えただけで恐ろしい》同僚と休憩をしている久未。《久:ドラマの視聴率どうだったんだろう…》

『沙:4.6だって…』顔をしかめる沙英。

  • 『志:えぇっ?』
  • 『夏:低っ』
  • 視聴率の資料を投げる風

『えっやばくない?』これが続くと打ちきりになるかもしれない…『志:どーなるんだろう…』

 

ドラマの視聴率が悪いとどうなるの?(講義スタート)志乃&バカリズムきつね

打ちきりになっちゃうのかな?『志:低視聴率だとそれもありえるね』

現場の空気は悪いの?『志:うーん、多少重い空気にはなるだろうね』

まぁ、誰も触れられないだろうしね『志:うん、だけどたまにムードメーカー的なベテラン俳優があえて自虐的にいじって笑いにするっていうパターンもあるよ』

まぁ、確かにそうでもしないとやってられないよね。『志:そうだね』

うん。『志:撮影現場以外のいろんなところに影響は出てくるの。今日はそれを見に行ってみよう!』えっ行くの?

  1. 俳優が制作の愚痴
  2. 制作が俳優の愚痴
  3. 脚本のせいにする
  4. テコ入れ(急遽ストーリーを変更)
  5. 俳優がバラエティ稼働(視聴率が悪いと急に番宣が)
  • みんな誰かのせいにしたい…
  • F2層:35~49歳の女性、F3層:50歳以上の女性の食い付きが悪いと致命的
  • ×面白いドラマ=数字をとれる、〇数字をとれるドラマ=面白いって世界
  • 女性の食い付き:動物・温泉・食べ物
  • 高齢者の食い付き:幕末
  • 要するに…視聴率はとっても重要!!!

志乃にバラエティの仕事が入った。

夏希は台本の書きかえを強いられた。《夏:ふっざけんなよ、始まる前はおもしろいとかいいことばっかり言っておきながら、数字後悪いとわかったとたんに手のひら返しかよ。まじなんなんだよみんなあたしが悪いのかよ。こっちは寝ないで書いてんのに…はぁぁぁあ?どいつもこいつも死ねーよー!しーねー》

 

スポンサーリンク

 

数日後

《浦:志乃ちゃんと会うのはあの時以来か…向こうはどんなテンションなのかな。ちゃんと喋ってくれるかな…完全に嫌われちゃったもんな…ていうかまだ不倫してんのかな。してんだろうなーうあー着いちゃった…》コンコン、浦上(水上剣星)は志乃の楽屋をノックした。

《志:これ浦上さんの番組だったんだ。やばい何か気まずーい》《浦:やっぱり志乃ちゃんかわいいなー》《志:久しぶりに会うとやっぱりかっこいいなー。でももう嫌いなんだもんね私のこと》

浦上は『ぶっちゃけトークバラエティ・楽屋で話せや!』の番組説明を始めた。何かネタがあるか聞かれ、志乃は考える。

《志:今絶対お前不倫してるくせに何もないみたいな顔してんじゃねーよって思ってるよね。それは言えないってわかってるけど、思ってはいるよね》

《浦:今絶対お前不倫してるくせに何もないような顔してんじゃねーよって思ってるって思ってるよね。それは言えないのわかってるし、そんなこと思ってないからね》

『浦:そんなハードなやつじゃなくて、些細なやつで大丈夫ですよ』『志:些細なこと?』

《志:ハードなやつじゃなくってって、ハードなやつあること前提で言ってるよね?やっぱり私のこと軽蔑してるよね?》

《浦:やっばい、ハードなやつじゃなくっていいってまるでハードなやつがあるような言い方に聞こえる。ちがうちがうちがう、そうじゃなくてネタを出しやすいように言ったんだが。あーもう絶対ウザがられてる》

『例えば…寝るときに目を開けて寝るとか…ほんとそれくらいのレベルで大丈夫です』とフォローした。

《志:どうしよー何か出さなきゃ使えないって思われちゃう…でもプライベート知られちゃってるから逆に言うの恥ずかしい》

《浦:俺に知られてるから逆に今言いづらいよね。そうだよね》

『浦:もしあれでしたら本番まで時間ありますのでそれまでに何か一個考えていただければ…』打合せは終わり、二人は出ていった。

 

佳代・真衣

真衣は職場で客に不倫の話をしていた。佳代は客のふりをして、真衣から色々聞き出した。『佳:それで復讐したと…。怒りの真空飛び膝蹴り。このあと少しお話ししません?』

佳代と真衣はカフェでアイスラテを飲んでいる。佳代はフェイスブックで調べた情報で話をしている。真衣は風とは4年前から付き合っているらしい。『真:すみません。何て言うか色々…』『佳:ねぇねぇ、もしかして風の奥さんだと思ってる?違うからー愛人。あなたと同じ』『真:はぁっ?』

 

志乃・夢・沙英

風の愛人だと知り、なぜか一緒にいることが多くなった三人は部屋でタバコを吸っていた。『夢:やっぱ共通の敵がいたのが大きいね』美羽のことだ。『夢:あとは佳代さんの存在が大きいのかなー』佳代が止めてくれなかったら美羽のことを半殺しにしていたかもしれない。

今度は三人でラーメンを食べていた。美羽への攻撃はこの前のでみんな満足したらしい。途中からあわれだった…『夢:人生で真空飛び膝蹴りされることってないもんね…』あの人も愛人なのか、美羽は何をやったのか…よっぽど酷いことをされたんだろうと想像する三人だった。

再びタバコを吸っている三人。こちらの三人は風の優しいところに惹かれたらしい。『志:好きなのやめたい』タバコに似ている…周りに反対されるし、幸せになれないし、百害あって一利なしなのは頭ではわかってるけどやめられない。

『志:極端な話、あの人が死んじゃえばこっちだって忘れられるんだけどね』美羽あたりが逆上してやってくれればいいのにと話す。けど仕事雑だから失敗しそう『夢:睡眠薬の分量間違えて普通に爆睡されて終わるみたいな』三人で笑っていた。

 

佳代・真衣・久未

久未は彩乃との待ち合わせでカフェに来た。店にはいるとびしょ濡れの佳代が名前を呼んできた。《久:佳代さんまたカフェラテくらってる。てことは…》

『佳:真衣さん。私らと同じで4年くらいだって』《久:やっぱり》

『佳:あっ久未さんもそうなの』『真:え?』

『佳:知らなかった?あの人の愛人9人いるの』『真:え?』《久:あっ今知ったんだ》

『真:9人!?』『佳:そういう男なのアイツは』《久:どういう男だよって思ったよね、わかる》久未はうなずいた。

《久:このあと彩乃もくるんだけど、完全にここに合流する感じになってるよね》『久:風のどういうところが好きですか?聞いてみたくて』真衣に聞いた。

正直言って何で付き合っているのかわからない久未と真衣。

『佳:それが恋ってものなの』《真・久:はっ?》佳代のよくわからない話が始まった…《真・久:ずっと何言ってんのコイツ》

『佳:まぁ惚れたうちらの負けってこと』《真・久:うるせーよ》

 

《夏:許さねぇ…絶対に許さねぇ…》夏希はタバコを吸いながら脚本を書いていた。

 

佳代・真衣・久未・彩乃

『彩:あっ久未』彩乃がやってきた。

『真:文坂さん?』『彩:真衣さん?』

『佳:あれ二人お知り合い?』《久:待って、何か嫌な予感…》真衣は彩乃の元上司だった。

『真:もしかして…この子も風さんの?』『佳:そう、愛人仲間』《久:やばいやばいやばい》

『彩:ごめんなさい』『真:いつから?』『彩:一年半前です』

『真:え、うちのお店にいたとき?何それ!』《久:やめてやめてやめて。怒らないで怒らないで》

『佳:まぁ真衣さん落ち着いて』《久:うん、一旦落ち着こ?》

『佳:真衣さんと風が付き合ってたこと知らなかったんだよね?』《久:そうそう、だったら仕方ない》

『彩:知っ……てました』《久:知ってたのかよ》

『佳:風に強引に誘われたんだよね』《久:そう、そうに決まってる。そうであってくれ》

『真:最初は断ってたの?』『彩:断って……ません』《久:なんだお前、嘘でもいいから断ってたって言えよ》

最初は自分の実力不足のせいでお客をとられたことへの嫉妬だったらしい。その仕返しに真衣の客だった風の誘いに乗ったのだった。佳代が締めの言葉を話したところで、久未は彩乃をつれて別の席に移った。

《久:よしっとりあえず助かった…》

『真:彩乃ちゃん』《久:えっ何こわい》

『真:またうちのお店にも遊びにおいで、またね』『彩:真衣さん…はい。失礼します』

《久:何これドラマのエンディングみたいなシーン。てか二人とも自分からドラマ感出してたよね》

 

佳代・真衣

9人もいればいろいろある。

『佳:私はみんなと仲良くしたいの』そこに美羽がやってきた。

『美:おめーか、私の面に膝入れたのは』

『真:てめーこそ人の家庭ぶち壊しやがって』

『美:はぁっ?不倫してるくせにてめぇの家庭だけ無傷で済むと思ってんじゃねーぞかーす』

『真:なんだてめぇ今度はコルセットじゃ済まねぇぞごぉら』

『美:おうおうおう、やってみろこの不意打ち野郎がぁ』

『真:あぁあん?』『美:ああぁん?』

『美:表出ろこの野郎』『真:上等だ、あぁん?』

『佳:ちょっとーちょっとちょっとーー』パチッ電気が消えた。

『久:もしかして…』

店:ハッピバースデートゥーユー』店員が歌いながら真衣の元にケーキを持ってきた。佳代が来週誕生日を迎える真衣のために仕込んでおいたのだ。

『みんな:おめでとうございまーす』『真:ありがとうございます』

『彩:スゲー力業』『久:何だかんだでおさまるもんね』

《久:こうして佳代さんは全員の愛人に会い、それぞれのもめ事も一応全部おさめきった》

風・睦

風はめすらしく早く帰宅した。視聴率の話をした二人。『睦:バチが当たったんじゃない?十股もしてるくせに不倫のドラマなんか作るから』『風:そうかもね』首になっても養ってあげると言う睦だった。

二週間後

真衣の誕生日から二週間後、佳代の呼び掛けでついに、十人の女が集結した…。

第8話に続く。

【黒い十人の女】第7話『十人の女が集うぜよ』感想

『淡い三人の男』視聴率4.6%(笑)。ゴールデンでその数字はヤバいですよね…。視聴率が低かった時、制作側がどうなるかって話面白かった。ラーメン出すとか、温泉出すとか…本当に効果あるの?って思いますが、実績があるからこういうことが言われてるんですよねーおもしろい。そしてお年寄りには幕末!安易な考え…。急遽ストーリー変更とかってあるんですね。台本通りにずっとやっていくんだと思ってた。F2層とかF3層とかなんのこっちゃですね。やっぱりドラマは制作側より、何も考えず楽しめる方がいいですねー。

真衣さん怖いですよね。今まで美羽が策士で怖いなと思ったけど、真衣さんは…プロレスうまそう(笑)真衣さんと久未で戦えばいい勝負してくれそうだなー(笑)彩乃と久未の勝負は完全に久未が強かった気がするし。

志乃と浦上さんめっちゃお似合いですよね。浦上さん志乃ちゃんの考えてることお見通し。志乃ちゃんも何だかんだでまだ気にしてる様子だし、志乃ちゃんだけでも抜け出せばいいのになー。風Pの魅力…どんだけ考えてもわからない。。。

佳代さんの誕生日ケーキ作戦すごいなー。なんかバトルになりそうでも、みんなの爆発をケーキで抑えるためにわざと誕生日付近を狙って会ってるのかしら(笑)佳代さんすげー。

てか睦さんは自分が風Pに愛人が9人いることを知ってることを風さんに言ってるんですね。びっくり。そして知られてるのわかってるのにまだ浮気を続ける風さんにもびっくり。睦さん寛容だなー。

【黒い十人の女】第8話どんな展開に!?

佳代の呼びかけにより睦が経営する店についに10人の女が集まる!そこで佳代は『この地獄を抜け出すための唯一の方法』を提案をする。…何でしょうね。佳代さんのことだからみんなで仲良くするしかない!とか言ってお食事会でも開くんですかねー(笑)
そしてそして、10人の女たちのもとに風さんが現れます。そこで風Pとんでもない発言をしてしまうそうです…。何を言うんでしょうかねぇ。風さん空気読めないもん…あれ?空気読まない?…第8話楽しみですね!

-ドラマ
-,