中曽根康隆のプロフィールや経歴は?出身高校や大学をチェック! | KIMUNOTE

政治

中曽根康隆のプロフィールや経歴は?出身高校や大学をチェック!

2017/11/08

今回は中曽根康隆さんに
スポットを当てていきます!

中曽根康隆氏は
衆院群馬1区に立候補
することを表明しました。

彼と言えば、
中曽根康弘元首相の孫で
弘文元外相の長男。

そんな中曽根康隆氏の
プロフィールや経歴、
出身高校や大学について
調べて行きます!

スポンサーリンク

中曽根康隆のプロフィール

名前:中曽根康隆(なかそね・やすたか)

生年月日:1982年1月19日

血液型:O型

現在35歳ですかね?
若いですね!

政治家っておじいちゃんばっかり
なので珍しい(笑)

イケメンさんですし、
小泉進次郎さんのように
人気が出るかもしれませんね♪

おじい様は中曽根康弘元首相
お父様は弘文元外相

という政界に入るべくして
生まれてきたような
お方ですね♪長男らしいですし!

 

趣味はゴルフ、ジョギングなどの
運動系から演劇鑑賞や食べ歩き。

高校から大学までゴルフをやっていた
こともあり、運動は好きなようです♪

好きな言葉は

「三縁主義」
「善を行ふに勇なれ」
「受けた恩は石に刻み、
与えた情は水に流す」

尊敬する人はソニーの創業者
の一人である盛田昭夫さん。

好きな食べ物はカレー!

男性って感じですね(笑)

女性からしたらカレーが
好きだと作るの楽で
いいですよね!

楽な上に喜んでもらえる
とか最高です(笑)

中曽根康隆氏の女性関係については
こちらでまとめていますので
よろしければご覧ください♪

☆中曽根康隆の結婚相手(彼女)は神山まりあ?嫁(妻)をチェック!☆

スポンサーリンク

中曽根康隆の高校や大学は?

中曽根康隆氏の学歴について
見ていきたいと思います!

慶應義塾幼稚舎!!
慶應義塾小学校!!
慶應義塾中学校!!
慶應義塾高校!!

とお金持ちコースです(笑)

まぁお父様もおじい様も官僚で

おじい様に関しては元総理大臣
ですからそれも当たり前な
気がしますね(笑)

17歳の時にはでダラスの高校に
1年間留学しています。

このことが後々海外の大学に
行くきっかけになっていきます!

そしてもれなく大学は
慶應義塾大学法学部法律学科!!

この学科の偏差値は70!!

幼稚舎から入学しているわけなので
途中から入るよりは簡単な
イメージがあるんですが…。

にしても秀才であることは間違いないですね!

大学では体育会ゴルフ部に所属。

副将としてチームをまとめ
4年生時のリーグ戦では

春・秋連続優勝でチームをAブロック(1部)へ
引き上げた実力の持ち主!

調べると現在慶應はCブロックだったので
中曽根氏のすごさがうかがえます♪

そうしてゴルフに明け暮れて
大学を卒業します。

ちなみに嵐の櫻井翔さんとは
同級生だったそうです♪

25歳の時に

外から日本を見てみたい。
トップレベルの人々と関わりたい。

という思いから

コロンビア大学国際関係
公共政策大学院(SIPA)

に入学し、
国際関係、公共政策、国際金融
などを学びました。

国際関係学修士号取得して
卒業して帰国します!

コロンビア大学院では
自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長
と机を並べてお勉強したそうです。

帰国してからは
日本を他国の生徒に学んでもらおうと
『Japan Trip』を立ち上げ、

毎年恒例のイベントとして
8年連続で行っているようです♪

中曽根康隆の経歴について

コロンビア大学院卒業後には
『JPモルガン証券株式会社』に入社。

金融法人担当営業として
5年間働きます。

そして2013年、
中曽根氏は政界に進出します!

参議院議員である
中曽根文弘事務所に入所し

議員秘書として経験を
積んでいきます!

農家や中小企業を廻り
父親の政策作りのサポートを
していたようです。

秘書と言えば…このハゲーの

豊田秘書の秘書も民進党から
出馬を考えているらしいですね(笑)

まぁそれは置いといて…

2017年には4年間務めた
中曽根文弘事務所を退職して、

1人の政治家として
独立することを発表しました!

35歳ですね!

35歳で議員というと若い感じが
しますが、50年先まで

責任を持って働くことを
宣言していました!

現在は肩書はないが
志だけは強くあると言います。

政策については

『この国に生まれてよかった』
と思える、日本に。

をモットーに

  • 景気回復
  • 財政再建
  • 外交・安全保障
  • 教育
  • 農業

に力を入れていきたいとのことです♪

以上、今回は中曽根康隆氏の
経歴やプロフィールについて
調べてきました!

ご覧いただき
ありがとうございました!

スポンサーリンク

-政治
-