一力遼の大学高校や身長は?御曹司の年収や家族がすごい! | KIMUNOTE

芸能

一力遼の大学高校や身長は?御曹司の年収や家族がすごい!

 

今回はプロ棋士の一力遼さんにスポットを当てていこうと思います!

 

一力遼さんはプロ棋士には珍しく現役の大学生さん。さらに、国民栄誉賞を授与された天才棋士の井山裕太さんを脅かす存在だと言われている棋士なんです!

 

しかも父親は社長で一力遼さんは御曹司でもあり、ゆくゆくは会社を継ぐ次期社長でもあるようですね~。

プロ棋士&社長ってスゴすぎ( ゚Д゚)!

 

そんな一力遼さんの出身高校や大学について、年収や父親・母親など家族についてもチェックしてみたいと思います!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

一力遼さんのプロフィール

名前:一力遼(いちりき・りょう)

生年月日:1997年6月10日

出身地:宮城県

棋士段位:八段

所属:日本棋院東京本院

 

現在大学に通っている一力遼さん、年齢は20歳です。

身長は184cmと言われているらしいです。めちゃめちゃデカいですね!

 

一力さん自身自分の性格を『おとなしい性格』と称しています。見た感じも静かそうな感じですよね~。

しかしこのおとなしい性格は対局で一変し、目つきは鋭くなりブレのない攻めでガラッと雰囲気が変わるそうです。

 

囲碁界と言えば、天才棋士の井上裕太さんが国民栄誉賞を授与されたことで注目が集まっていますが、一力さんはその井上さんを脅かす存在だということなのです。

実際に井山裕太九段が作った最年少記録も塗り替えていき、棋聖戦・王座戦・天元戦の最年少挑戦記録他、多くの最年少記録を持っています

 

井山棋士との対局は現在13連敗中だということですが、まだまだ若いですからね!今後に期待したいですね!

 

 

一力遼さんが囲碁を始めたきっかけは父親だったようですね。5歳の時に囲碁を始めました。

その後2005年に院生となり2010年(中学1年)に入段します。

二段三段四段と段位を上げていき、2014年にはリーグ入りで七段、2017年には3大タイトルの挑戦権獲得で八段に昇段しています。

 

雑誌の特集で各界の逸材108人に選出されたことも。「タイトル歴のあるベテラン棋士が、彼に見解を聞きに来る」という逸話も持っています。

 

一力さんの武器は驚異的な記憶力。

早見え早打ちの天才肌で優れた大局観と柔軟な発想を持ち、序盤から意欲的に勝負を仕かけていく力戦型。だそうです。

 

スポンサーリンク

 

出身高校や大学は?

 

一力遼さんの出身高校や大学についてチェックしてみたいと思います!

13歳でプロ棋士となった一力さんの学歴、すごく興味があります!

 

まず、小学校は仙台市立片平丁小学校。

5年生の時には『もっと碁を学びたい』ということで母親とともに都内に引っ越したそうです。

 

中学校は都立白鴎高校付属中学校で高校は都立白鴎高校。

高校の偏差値は62ということでやっぱり頭が良いんですね~。囲碁ってすごく頭使いますしね。

ちなみにこの高校には歌手のさくらまやさんや伝統芸能の子供も多く在籍している高校だったそうです☆

 

そして大学は早稲田大学社会科学部に進学して2018年4月現在3年生ですね~。

囲碁に専念した方が良い、という意見もある中、大学で学び、さまざまな人と交流することで、価値観を広げたいということで進学を決意し自己推薦で入学。

 

プロ棋士として活躍している棋士が大学に進学する前例は数えるほどだそうですよ。

統計学なんかが好きなようですが、家業のためか経営や経済を学びたいとも語っていました。

 

スポンサーリンク

 

一力遼の戦績や受賞歴など

 

主要なものになりますが…

平成24年
第7回広島アルミ杯若鯉戦準優勝

平成25年
第52期十段戦本戦入り。
16歳3ヶ月16日の最年少記録。
第8回広島アルミ杯若鯉戦優勝
公式戦初タイトル

平成26年
第39期棋聖戦リーグ入り
16歳9ヵ月でのリーグ入りは史上最年少記録。七段に昇段
第1回グロービス杯世界囲碁U-20優勝
国際棋戦初優勝
第39期新人王戦優勝
17歳3カ月で史上最年少新人王

平成27年
第62回NHK杯準優勝
第1回イベロジャパン杯優勝

平成28年
第25期竜星戦で井山裕太棋聖を破りタイトル獲得
第11回広島アルミ杯若鯉戦優勝
第42期天元戦挑戦者

平成29年
第64回NHK杯準優勝
第43期天元戦挑戦者
第65期王座戦挑戦者

平成30年
第42期棋聖戦挑戦者
20歳7カ月で史上最年少記録

という感じになっています~。

 

受賞歴については

平成25年
棋道賞新人賞・勝率第1位賞

平成26年
棋道賞国際賞

平成27年
棋道賞国際賞

平成28年
棋道賞最多勝利賞 47勝19敗
最多対局賞 66局

平成29年
棋道賞優秀棋士賞

という感じになっています~。

 

スポンサーリンク

 

家族や兄弟について

 

一力遼さんの家族がめちゃめちゃスゴイんです!プロ棋士でありながら御曹司でもあります!スゴすぎ!

その華麗なるご家族についてチェックしてみたいと思います♪

 

父親は河北新報社代表取締役社長で一力雅彦さんです。

河北新報社は宮城県仙台市に本社を置いていて、日刊新聞『河北新報』を創刊しています。宮城県での世帯普及率はなんと70%にも迫る高い普及率なのだとか。

 

その社長さんが一力遼さんの父親なんですね~。そしてそれだけではないんです。この河北新報社を設立したのが遼さんの高祖父にあたるんですって。

 

そして昔からずっと一力一家が河北新報を経営してきたようですよ~。

高祖父の一力健次郎→曾祖父の一力次郎→祖父の一力一夫→父親の一力雅彦、という感じで一力一家が社長を歴任しているんです。

 

下世話なことですが…絶対めちゃめちゃお金持ちですよねw御曹司すごーい!

 

ちなみに叔父は東北放送代表取締役社長の一力敦彦さんだそうです。

 

このように代々社長をしているので次期社長は一力遼さんと言うことになるんですかね?(兄弟はおらず1人っ子だそうなので…。)

プロ棋士をしながらも大学に通っているのは会社を継ぐためなのかもしれませんね~。

 

この先プロ棋士として生きていくのか、家業を継いで社長となるのか、どちらの未来を選ぶのか気になりますね!

才能あってプロ棋士になれたのに辞めるのはもったいない気がしますが…父親としては家業を継いでほしい、という気持ちが大きいのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

年収がスゴイ!

 

プロ棋士として活躍する一力遼さんの年収はどうなのでしょうか?

囲碁の世界にも賞金ランキングというのがありまして…なんと2014年からトップ10入りを果たしているんです。

 

これはスゴイ金額が予想できますね…ということで調べてみたところ…2017年の賞金ランキングは2位で2523万円!!

大学生なのにこの金額。夢がありますね~。

 

ちなみに…国民栄誉賞を授与された井山裕太十段は2017年の賞金は1億5981万円。6年連続1億円超だそうです。。。スゴすぎ。

 

まとめ

 

今回はプロ棋士として活躍している現役大学生の一力遼さんについて調べてきました!

一力遼棋士は現在20歳で身長は184cm(と言われている)5歳から囲碁を始め13歳の時にはプロ棋士となり、今は八段にまで昇段しています。

 

高校は都立白鴎高校で、大学は早稲田大学社会科学部。

プロ棋士をしながら大学に進学する人は数えるほどですが、家業を継ぐためか進学の道を選んだ一力遼さん。

棋士として活躍しながらもしっかりと勉強をして経営や経済についても学んでいます。

 

そんな一力遼さんの実家は河北新報社を営む華麗なる一族。父親は社長でその御曹司兄弟がいないため、ゆくゆくは家業を継ぐことになるのかもしれません。

 

実家もお金持ちですが、一力遼さん自身もお金持ち。2017年の賞金ランキングでは堂々の2位、年収2523万円稼いでいます。

ということで最後までご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

-芸能
-,