田沢あかねの高校大学やwikiプロフ!経歴や結婚が気になる

 

セブンルールに出演で注目の集まっている田沢あかねさん。

 

なぜ田沢さんが注目されているのか?というと、異例の大ヒットを記録した「ことば選び辞典」シリーズの編集者だからです!なんとシリーズ累計53万部ですって。。。

(たぶんセブンルール放送でまた売れますね(・∀・)ニヤニヤ)

 

そんな「ことば選び辞典」の編集者、田沢あかねさんのwiki風プロフィールや経歴、高校大学院や結婚についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

田沢あかね(学研プラス)のwikiプロフィール

 

田沢さんのプロフィール

名前:田沢あかね

読み方:たざわあかね

出身地:静岡県

生年月日:ー

年齢:29歳(2019年4月現在)

勤務先:学研プラス

 

田沢あかねさんは静岡県出身、学研プラスの辞典編集部に所属しています。

 

美人さんなので、結婚しているのかな?と気になる方も多いかと思われますが、今のところ不明です。

敏腕編集者さんであっても、一般の方なのでさすがにここら辺の情報はありませんでしたね(;^ω^)

 

田沢さんは少し変わっ…いや、結構変わった人です。

 

幼い頃から本(文字)が大好きだった田沢さん。図書館はもちろん、家庭の医学や国語辞典、電話帳まで読み漁っていたそうですw

 

そして、極めつけはスーパーで買ってきた食品パッケージの裏側w

 

田沢さんにしてみると、文字が好きで見ていただけだったのですが、私にとってはすごく不思議です。・・・タウンページなんて読んでみようなんて思ったこともないですし。

文字への愛が感じられますね。

 

ちなみに、田沢あかねさんの好きなものは

古典と妖怪とコミック全般

だそう。妖怪・・・気になる。番組でここ掘り下げてほしいですねw

[アドセンス1]
スポンサーリンク

田沢あかね(学研プラス)の高校大学院

田沢あかねさんの出身高校や大学、大学院について調べてみました。

 

出身高校ですが、静岡県内ということはわかりましたが、特定はできませんでした。

 

しかし、この時通っていた高校の古典の授業により、田沢さんの進路が決まります。

元々研究者になりたいと考えていた田沢さんは「法学・化学・薬学」どの道に進むか悩んでいたのですが、授業により、その後古典文学を学びたいと考えるようになります。

 

大学は京都大学の文学部で文献文化学を専攻。

そして、大学院も京都大学の大学院に進学

大学院では「平家物語」や「保元物語」の研究をされていました。

 

しかし、大学院で学ぶ中で「日本語に関係する仕事がしたい」と考えた田沢さんは、ふと参考書や辞典の大手である「学研」を思い浮かべ学研社員のインタビュー記事を読みました。

(おそらくこの方は学研プラスの図鑑編集部の里中正紀さん)

 

これを見た田沢さんは学研に就職したいと考え、見事入社を果たします。

[アドセンス1]
スポンサーリンク

田沢あかね(学研プラス)の経歴

田沢あかねさんの経歴についてまとめてみました。

 

2014年に学研に入社した田沢あかねさん。

田沢さんが希望していたのは「辞典編集部」ですが、新入社員は配属できないという会社のルールがありました。

そのため、最初の配属先は小中学生向けの社会科の学習参考書をつくる部署で1年勤務します。

 

ベテランが配属される辞典編集部への異動は難しい・・・と諦めかけましたが、田沢さんは役員との面談で直談判し、入社2年目にして希望していた辞典編集部に配属となりました。

 

人事担当者によると

「田沢さんは、何か持っている雰囲気があったんですよね」

引用元:学研プラス公式ブログ

 

「辞典編集部に欠員があったということがまずありました。2年目での辞典編集部配属は確かに早いタイミングだったので迷うところもありましたが、田沢さんのもっている資質や経験があれば、数年経たずして立派な辞典編集者として活躍できるだろうと。そういう判断でした」

引用元:学研プラス公式ブログ

 

とのこと。

 

新入社員の配属が良しとされていない辞典編集部は、専門知識も必要で仕事のレベルも高く大変だったそう。

 

そして配属3年目、辞典編集部に配属されて9か月後に田沢さんは「ことば選び辞典」のシリーズ化を編集長より任されます。

試行錯誤しならがら、シリーズ化をさせ、大ヒット。

 

田沢さんの実力はもちろんですが、その実力を見抜いた学研プラスの人事担当、配属されて間もないのに大仕事を任せた編集長、みんなすごいなと感じました。

田沢さんの才能を見出していた上司さんさすがですね!

[アドセンス1]

田沢あかね(学研プラス)の辞書

2019年6月時点で、シリーズの累計発行部数が53万部を超えている「ことば選び辞典」シリーズ。

そんなシリーズの紹介をします。

 

『ことば選び実用辞典』

文章作成時に使いたい言葉が、すぐに探せる類語辞典。ポケットサイズなので、いつでもどこでも持ち運びでき、携帯メール作成から、旅先での俳句などの創作まで幅広く役立つ。

 

『感情ことば選び辞典』

創作者はもちろん、ことばを使う人なら誰もが一度は経験する「この思いが伝わらない」もどかしさを解消するための辞典です。

 

『ことばの結びつき辞典』

創作者はもちろん、文章を書く人なら誰もが一度は経験する「文章がだらだらしている」「自分の書いた文章がなんか変」というもやもやを解消するための辞典です。

 

『難読漢字選び辞典』

歴史や文豪のありさまを描くのに悩むあなたのための「難読漢字選び辞典」が登場。
創作者はもちろん、誰もが一度は経験する「なんだか漢字のレトロな印象を有効活用できていない……」というもどかしさを解消するための辞典です。

 

『創作ネーミング辞典』

創作者はもちろん、誰もが一度は経験する「タイトルが全然思いつかない……」というもどかしさを解消するための辞典です。

 

『美しい日本語選び辞典』

創作者はもちろん、誰もが一度は経験する「自分の文章が何だか薄っぺらい」というもどかしさを解消するための辞典です。

 

『漢字の使い分け辞典』

創作者はもちろん、誰もが一度は経験する「この漢字、これでいいんだっけ?」というもどかしさを解消するための辞典です。

 

『エヴァンゲリオン×ことば選び辞典』

・感情ことば辞典・ことば選び実用辞典・創作ネーミング辞典・ことばの結びつき辞典・難読漢字選び辞典
のエヴァンゲリオンパッケージバージョン。

 

 

2019年7月にリリースの新刊

 

『和の感情ことば選び辞典』

やわらかな表現ができず、もだえるあなたに!

『色のことば選び辞典』

イメージする色を言語化できずもやもやするあなたに!

 

中でも、田沢さんが担当したのは感情ことば選び辞典・ことばの結びつき辞典の2つだそうですよ☆

田沢あかねのwikiプロフィールと結婚は?

今回は学研プラスに勤め、「ことば選び辞典」の担当編集者である田沢あかねさんについてまとめてみました。

 

  • 田沢あかねは静岡県出身の美人
  • 田沢あかねは幼い頃から文字愛が強い変人
  • 田沢あかねの高校は不明だが大学は京大
  • 田沢あかねの結婚は不明(一般人だから…)
  • 田沢あかねの「ことば選び辞典」・・・読んでみたい。。。

 

ということで最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事も読まれています