渋川駿伍の大学やwikiプロフは?経歴とポップコーン協会とは一体・・・

 

『マツコの知らない世界 ポップコーンの世界』に出演したことで話題になっている、渋川駿伍さん。

 

ポップコーンをこよなく愛する、不思議な人というイメージですが、会社の代表取締役を務めていたりと

か な り の や り 手 さんです。

 

今回はポップコーン協会会長の渋川駿伍さんのwikiプロフィール、大学高校などの学歴、すごすぎる経歴についてご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

渋川駿伍(しゅんご)のwikiプロフ

渋川さんのプロフィール

名前:渋川駿伍

読み方:しぶかわしゅんご

出身地:長野県

生年月日:1998年4月生まれ

年齢:21歳(2019年7月現在)

肩書1:JAPOCO日本爆裂豆協会の会長

肩書2(株)noFRAME shools

 

長野出身でキャンプ好き・アウトドア好きな渋川さん。

子どもの頃から、社会に貢献したいと考えていて、20歳で会社を立ち上げてしまいました。

 

渋川さんは色々と挑戦していますが、

自分がワクワクするか、そしてそれが周りのみんなにもワクワクしてもらえるか

それを基準に様々な行動を起こしているそうですよ☆

 

現在は東京にオフィスがある「株式会社noFRAME schools」の代表として活動中です。

[アドセンス1]
スポンサーリンク

渋川駿伍の大学や高校は?

渋川駿伍さんの大学や高校について調べてみました。

 

まず、出身高校ですが
地元長野県の須坂高校です。

偏差値は61!
(2019年7月時点の情報)

文武両道の厳しい学校のようですが、ここで生徒会長を務めています

 

渋川さんは須坂高校卒業後は
「ギャップイヤー」
をとっています。

 

ギャップイヤーとはなんじゃら?
ということですが、

大学の入学試験に合格した学生が、高校卒業後に一定の休学期間を得てから入学する制度。英国で始まった。
[補説]休学中の行動は自由で、ボランティア活動や留学、旅行などで見聞を広めたりするなどの例が多い。大学卒業後から大学院進学前・就職前までの期間に適用されることもある。

引用元:コトバンク

ということみたいです。

 

このギャップイヤーで渋川さんは

  • ヒッチハイクで日本一周
  • プロジェクトに取り組む
  • ポップコーン協会を立ち上げる

といった活動をしました。

 

この時、友達は大学に進学してるのに自分だけヒッチハイクしてんだろう…と孤独を感じたり、焦ったりもしていたそう。

 

 

ギャップイヤーののち、進学した大学は

MITxMicroMasters
ここに1期生として入学しました。

MITxMicroMastersとはマサチューセッツ工科大学オンラインコースのことです。

 

(1期生として入学。と書いてあるので、渋川さんが無料のコースを受けているのかは定かではありませんが…)

こちらのオンラインコースは無料で受講できるそう。世界レベルの授業が家にいながら受講できて、しかもタダってすごすぎますね。

 

実際に学費の問題で留学できなかった方が、オンライン講座を受けて全て満点を取り、

証明書を発行(有料)後、学校からの推薦を受け学費免除で留学をした!というすばらしい実話もあるんですよ!

[アドセンス1]
スポンサーリンク

渋川駿伍の経歴がすごい!

渋川駿伍さんの経歴についてご紹介します。

 

幼稚園、小中学校といじめられた経験がある渋川さんは、自分がなぜ生きているのか?と考えていたそう。

そして、「自分が生きた証明」を社会に残したいと思いはじめます。

 

年齢が上がっていくと、増えても増えても困らない、多ければ多いほどいい、ワクワクという感情に目をつけ、今の活動に繋がっています。

 

任意団体として

  • 中高生向けの教育プログラム
  • イベント開催

を行い、お金のやり取りや出資を受けやすくするために2018年に起業。

 

そして、現在代表を務める株式会社noFRAME schoolsでは、学習コンシェルジュというサービスを展開。

「学習コンシェルジュ」は世の中にある沢山のコンテンツから、その人の目標に合った1番最適な学びを提案し毎日の勉強をサポートする、チャット型の学習コンシェルジュサービスです。

引用元:株式会社noFRAME schools

 

これはとても魅力的なサービスですね。

プログラミングを学びたいけど、何をしたらいいのかわからない・・・という方は一度お試ししてみるのも良いかもですね!

 

一人だけじゃ勉強続かないですが、チャットで応援してもらえばできそう♪

 

起業のきっかけ

2018年20歳で起業している渋川さんですが、

高校1年生の時にアウトドアブランドの社長の講演会に参加したことがきっかけで起業しようと考えました。

 

地方衰退という問題を行政ではなく、起業して地方創生をしていこうとする姿がかっこいい!と感じたと語っています。

 

それまでは小学生の時に感じた

地 球 の 環 境 が ヤ バ い 

をどうにかすべく、環境大臣になることが夢でした。好奇心旺盛な渋川さんは、色々学ぶことを楽しんでいた延長で、環境大臣を夢見ていたそう。

小学校時代から考えることがすごすぎますね。

 

[アドセンス1]

渋川駿伍が会長のポップコーン協会とは?

日本ポップコーン協会、正式名はJAPOCO 日本爆裂豆協会。

ポップコーンは漢字で書くと爆裂豆だそう。

ばくれつとうかっこいいwなんかの攻撃みたいw

 

ここの会長を務めているポップコーン協会。どうしてこのような協会を立ち上げたのか・・・それは公式HPにQ&Aが載っていました。

会長である、渋川駿伍が高校卒業後にギャップイヤーを過ごしているなかで、「お金を使わない実験」をしている期間がありました。日本をヒッチハイクで回っているときに、ポップコーンがコミュニケーションのツールとして、とてつもない力を持つことに惹かれていきます。そして調べれば調べるほどに、ポップコーンの素晴らしさを知覚した会長は、「どげんかせんといかん」とポップコーンの魅力をよりみんなに知ってもらうために協会を設立しました。

引用元:日本ポップコーン協会公式HP

 

とのこと。要するに、

ポップコーンが好きすぎてたまらない

ということでしょうか。

 

良くわかりませんが、ポップコーンに対する愛だけは伝わってきます!

 

活動としては、出張ポップコーンと言って、協会の会員たちが最高のポップコーンを作りに出張してきてくれるというもの。

イベントなどに来てもらうととっても盛り上がりそうですね!

渋川駿伍(しゅんご)の大学やwikiプロフ まとめ

今回はマツコの知らない世界でポップコーンの世界を紹介していた、渋川駿伍(しゅんご)さんのwikiプロフィールをまとめてみました。

 

  • 渋川駿伍の出身高校は長野県の須坂高校
  • 渋川駿伍の大学はマサチューセッツ工科大学オンラインコース
  • 幼いころの夢は環境大臣
  • 渋川駿伍は株式会社noFRAME schools代表
  • 渋川駿伍はポップコーン協会会長
  • 出張ポップコーン興味深い・・・

 

ということでした!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

[アドセンス1]
こちらの記事も読まれています