柴田茂樹(ロゴス社長)の大学や経歴は?年収や学歴、息子も気になる

 

ロゴスコーポレーション社長の柴田茂樹さんが「カンブリア宮殿」に出演されます。

ロゴスといえば、アウトドア用品ですよね!

元々ロゴスはアウトドア用品ではなく船舶関係の卸問屋業をしており、倒産寸前まで追い込まれていたそう。それを変えたのが現社長の柴田茂樹さんなんです☆

 

そんなロゴス社長の柴田茂樹さんの大学や学歴、年収や経歴、息子さんについてまとめてみました。

[アドセンス1]
スポンサーリンク

柴田茂樹(ロゴス社長)のwikiプロフィール

 

柴田社長のプロフィール
名前:柴田茂樹
読み方:しばたしげき
生年月日:1956年
年齢:62歳(2019年度)
出身地:大阪府大阪市
肩書:ロゴスコーポレーション代表取締役社長

 

ロゴス社長の柴田茂樹さんは2019年度で62歳。

アウトドアブランド「ロゴス」を展開するロゴスコーポレーションの社長です。

 

祖父・父親の営んできて倒産寸前だった、船舶関係の卸問屋業から大きく舵を切り、

それ以降に来るであろう「気軽にできるアウトドア」に目を向けて、見事にアウトドア用品メーカーとして成功し結果を残している凄腕の社長さんですヨ。

 

アウトドア用品に目を向けたのは、他でもない社長の戦略だったのですね!マーケティング力がすごい!

 

[アドセンス1]
スポンサーリンク

柴田茂樹(ロゴス社長)の年収は?

ロゴス社長である柴田茂樹さんの年収はいくらくらいなのでしょうか。

 

役員報酬は公開されている会社もあるのですが、ロゴスコーポレーションは非公開のようですね。

(上場企業だと役員の年収が公開されるけど、上場していないと年収は公開されないらしいです!)

 

年収公開されていないので、推測にはなりますがちょっとご紹介します。

 

会社社長の平均年収は4,381万円とされています。(2013年の情報)

会社社長といっても大企業から中小企業とありますので、平均はあくまでも平均ですね。

 

 

会社の規模によって従業員が多ければ多いほど年収が高くなる傾向にあります。従業員の人数ごとに分けた社長の年収の平均は以下のようになっています。

  • 従業員数が1000人以上→5643万円
  • 従業員数が999人以下→4043万円
  • 従業員数が300人未満→3109万円

ですね。

 

ロゴスコーポレーションの場合はどうなのかというと・・・

従業員数が120名(グループ全体では350人)ということなので、ロゴス社長柴田茂樹さんの年収は4000万円~5000万円程度と予想ができます。

[アドセンス1]
スポンサーリンク

柴田茂樹(ロゴス社長)の大学などの学歴

ロゴス社長柴田茂樹さんの大学など学歴を調べてみました。

 

柴田社長は同志社大学を卒業されています。

同志社大学といえば、関西の名門の私立大学ですね!

 

卒業後は大阪のスポーツ卸会社に入社、その後ロゴスの前身である会社に入社しています。

 

代々の社長は祖父の実昭前々社長、父親の郷二郎前社長、そして柴田茂樹社長と親子で代々受け継いでいる会社なんですね。

[アドセンス1]

柴田茂樹(ロゴス社長)の経歴

ロゴス社長柴田茂樹さんの経歴についてです。

 

同志社大学を卒業した柴田さんは1979年4月に大阪のスポーツ用品卸売会社に就職しています。

 

そして、1982年8月にロゴス(当時は父親の郷二郎さんが経営する「大三商事株式会社」)に入社します。

 

ロゴスの前身である「大三商会」は柴田茂樹さんの祖父・実昭さんが創業した会社で、祖父→父親→柴田茂樹社長と親子三代で受け継がれています。

その前身はアウトドアメーカーではなく、船舶用品の問屋をしていました。が、柴田さんが入社した時には造船不況で会社は倒産寸前だったそう。

 

「水ではなく、丘に上がろう」ということで、それを徐々に事業の軸をアウトドア用品メーカーに移していき、1997年に株式会社ロゴスコーポレーションと社名を変更。

柴田茂樹社長は、当時登山ブームが巻き起こっていて、これをヒントに「もっと気軽にレジャーを楽しむ時代が来る!」と考え、アウトドア用品メーカーに事業を移していったのだとか。

 

コンセプトもしっかりとしていて、「アウトドアと言っても、うちは水辺5mまで、標高は800mまでと決めているんです」と語られています。

これは大手メーカーと勝負するために、お客さんの層を定めているということです。

メインターゲットは、幼稚園~小学校中学年くらいの子供を持つ家族だそうですよ☆

 

 

そして、1998年5月代表取締役社長に就任しています。

 

2016年4月には

  • 知財功労賞
  • 経済産業大臣表彰(知的財産権制度活用優良企業等)

を受賞しています。

2017年4月からは産業構造審議会 知的財産分科会委員に就任されていますよ。

[アドセンス1]

柴田茂樹(ロゴス社長)の結婚や子供

ロゴス社長の柴田茂樹さんの結婚や子供についてです。

 

62歳なのでもちろん結婚されています。

そして息子さんは副社長である柴田晋吾さんです。年齢は2019年7月時点で35歳ですね。

 

息子の柴田晋吾さんは少し変わった経歴の持ち主。

大学卒業後にはダウンタウン松本さんの誘いで吉本興業に入社し、24歳で放送作家デビューをしています。

 

びっくりなんですが、マネージャー時代はダウンタウン浜田さんのマネージャーも務めたそうですよ!

 

その後、2010年にロゴスに入社されています。

 

大学も父親と同じく同支社大学を卒業、大学院にまで進んでビジネスを学んでいらっしゃいました。

 

次期社長ということになるのでしょうが、父親の柴田茂樹社長がスポーツ用品の経験をロゴスに生かしたように、晋吾さんも吉本工業に入社した経験を生かして会社経営に取り組まれていくのでしょうね。

[アドセンス1]

柴田茂樹(ロゴス社長)の大学(学歴)や経歴 まとめ

今回はロゴスコーポレーション社長の柴田茂樹社長の大学や学歴、経歴や結婚について調べてきました。

 

  • ロゴス社長柴田茂樹は同志社大学卒
  • ロゴス社長柴田茂樹は倒産寸前だった会社をスポーツ用品事業に目を向けた凄腕さん
  • ロゴス社長柴田茂樹の息子は柴田晋呉副社長
  • ロゴス社長柴田茂樹の年収は4000万円~5000万円程度と予想!

 

でした!最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

[アドセンス1]
こちらの記事も読まれています