坂崎守寛(民謡)のwikiプロフィ―ルと経歴は?結婚した嫁と子供が気になる

 

今回は2019年8月18日のカラオケバトルの出演者である、民謡の坂崎守寛さんについてまとめました。

若くてイケメンで浪花のおばさまたちに大人気という坂崎さん。

 

そんな坂崎さんのwikiプロフィールや年齢、出身高校や大学、結婚した嫁と子供について調べてみました。

坂崎守寛の年齢やwikiプロフィール


坂崎守寛/寛ぎ 【CD】

プロフィール
名前:坂崎守寛
読み方:さかざきもりひろ
生年月日:1990年6月生まれ
年齢:29歳(2019年8月現在)
出身地:東大阪

 

現在、坂崎守寛さんの年齢は29歳。

NHKの民謡番組に出演し、男性の若手ホープとして注目を集めている将来の有望株だそう。

大阪を中心に活動されています☆

 

好きな民謡は

  • 淀川三十石船舟唄(大阪府)
  • 上州馬子唄(群馬県)
  • 酒造り祝い唄(兵庫県)

など。

 

坂崎守寛さんが民謡を始めたきっかけは祖父の高木瞳さんにあります。

 

生まれたときから民謡のある環境で育ってきて、初めて聴いた楽器も三味線だった坂崎さん。

一歳半頃から自然と民謡を口ずさむようになり、4歳頃から本格的に民謡に取り組むことになります。

 

師匠はもちろん、祖父の高木瞳さん。高木さんは日本民謡誠瞳会の会主です。

 

小学校時代から様々な大会や全国大会で優勝を重ねてきて、現在ではCDデビューも果たしています。

 

趣味は釣りで、バス釣りが好きなんですって。

 

スポンサーリンク

坂崎守寛の高校大学

坂崎守寛さんの高校や大学についてです。

 

中学、高校と硬式野球部に所属していたという坂崎さん。運動できるイケメンはモテたでしょうね~

 

坂崎守寛さんの出身高校は大阪府立高津高校

偏差値72の公立高校です。歌も勉強もスポーツも何でも万能なタイプだったのですね☆

 

大学にも通ってはいますが、大学名は明らかになってはいません。

 

日本の歴史が好きだということで大学時代には京都の歴史を学んでいました。

また、民謡の研究をしていて、卒論は「淀川三十石船舟唄」について書いたそうです☆

スポンサーリンク

坂崎守寛の経歴と受賞歴

大学卒業後の経歴や受賞歴についてです。

 

大学を卒業した後には、一般企業に就職し営業マンとして3年間勤務。その後、民謡をするために退職しています。

 

2017年9月、27歳の時にはキングレコードから民謡アルバム「寛ぎ」をリリース。

今となっては浪花のおばさまたちに大人気です!

 

現在は日本民謡「誠瞳会」で指導側にたっているようですね。指導しつつ、坂崎さん自身も舞台を中心に活躍しています。

  • NHKテレビ「民謡魂」
  • NHKラジオ「日本の民謡」
  • 「民謡をたずねて」

などテレビやラジオの番組にも出演。

 

主な受賞歴は以下のようになっています。

受賞歴
  • 平成22年 全近畿民謡連合会 総合優勝
  • 平成23年 鈴鹿馬子唄全国大会 優勝
  • 平成24年 淀川三十石船舟唄全国大会 優勝
  • 平成25年 秋田民謡西日本大会優勝
  • 平成26年 第48回産経民謡大賞 優勝・ヤングフェスティバル グランプリ
  • 平成30年 日本民謡協会民謡民舞全国大会・内閣総理大臣賞争奪戦 優勝

 

民謡のことはよくわかりませんが・・・内閣総理大臣賞争奪戦で優勝ってすごい!なんでも民謡の最高峰の大会のようです。

 

2019年8月18日のカラオケバトルに出演することで知名度がまた上がり、もっと活躍されそうですね。

坂崎守寛の結婚した嫁と子供

カラオケバトルに出演の坂崎守寛さんの結婚した嫁と子供についてです。

坂崎守寛さんは2016年3月21日にご結婚されています☆

 

坂崎守寛の嫁は元バスガイドの亜香里さんです。

さすがに一般の方なので画像は載せられませんが・・・美人さんです^^

 

そして、坂崎守寛さんと亜香里さんの間には2人の子供さんがいます。二人とも男の子でとってもかわいらしいですヨ。

 

夫婦ともにおきれいなので、息子君もイケメンに育つことでしょう^^

坂崎守寛の年齢やwikiプロフィール。結婚した嫁と子供 まとめ

今回は2019年8月18日のカラオケバトルの出演者、坂崎守寛さんについてまとめました。

 

  • 坂崎守寛の年齢は29歳(2019年8月現在)
  • 坂崎守寛の出身高校は大阪府立高津高校
  • 坂崎守寛の出身大学は不明だが民謡の研究をしていた
  • 坂崎守寛の民謡歴は生まれたときから!
  • 坂崎守寛の結婚した嫁と子供は…かわいい

 

ということでした!最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事も読まれています