台湾まぜそばの定義とは|なぜ台湾?名古屋まぜそばではないの?

 

汁なしの辛いまぜそばの「台湾まぜそば」。

激辛の台湾ミンチを極太麺に乗せた、汁無し麺の一種です。

 

この台湾まぜそばが実は台湾発祥ではないことをご存じでしょうか?

 

私はてっきり台湾から日本に入ってきたと思っていたのですが実は発祥の地は愛知県の名古屋!!

 

それならば「台湾まぜそば」ではなく「名古屋まぜそば」じゃないか!と疑問に思いますよね。

 

そこで、

  • 台湾まぜそばの定義
  • 台湾まぜそばなぜ台湾?という名で「名古屋まぜそば」ではないのか

この2点についてまとめてみました。

スポンサーリンク

台湾まぜそばはなぜ台湾?名古屋ではないの?

\台湾まぜそば発祥の地は台湾ではなく名古屋/

 

「台湾まぜそば」というだけあって、台湾発祥で日本に入ってきた食べ物だと思っていたのですが…

 

実は…

台湾まぜそばの発祥の地は名古屋

なんです。

 

台湾まぜそばの発祥の地は名古屋

台湾まぜそばが生まれたのは2008年。

 

愛知県名古屋市中川区に本店をかまえる

麺屋はなび高畑本店

でした。

 

店主が名古屋発祥の

「台湾ラーメン」を作ろう!

 

と思い立ち、具材の台湾ミンチを作ったのですが、お店のスープに合わず諦めてしまいます。

 

そこで作ったミンチを捨てようとしたところ、アルバイト店員が

茹で上げた麺にかけてみたらどうでしょう?

と言ったことがきっかけとなります。

 

その後、試行錯誤を繰り返し台湾まぜそばが完成したと言われています。

 

アルバイト店員、ナイスプレーですね!

 

 

台湾まぜそばはなぜ台湾で名古屋ではない?

それではなぜ、台湾まぜそばは「台湾」であって「名古屋」ではないのか?

気になりますよね。

 

そのルーツは「台湾ラーメン」にあります。

 

台湾ラーメンは中国台湾料理店「味仙」の店主が

台湾の「台仔(たんつー)麺」を激辛にアレンジしたもの

が一番初めだとされています。

 

そのレシピの考案者が台湾人であったため、「台湾ラーメン」と命名されたとのこと。

 

その台湾ラーメンを参考に作ったまぜそばのため「台湾まぜそば」と言われていると思われます。

 

そして、台湾ラーメンの具である「激辛台湾ミンチ」をのせた「まぜそば」「カレー」「パスタ」など様々な麺類に広がっていったんですね。

 

 

結論として、

台湾まぜそばの「台湾」とは「台湾」という国を指しているのではなく、台湾人店主が考案した「台湾ラーメン」の「台湾」からきている

ことになりますね。

 

なので、私的に衝撃だったのですが、

台湾には「台湾ラーメン」「台湾まぜそば」のような激辛ラーメンはないそうですよ!

スポンサーリンク

台湾まぜそばの定義とは?

 

日本の名古屋で生まれた「台湾ラーメン」。

 

なんでも「台湾ラーメン」には定義があると言います。

 

台湾まぜそばの定義

  • 豚ミンチ
  • 卵黄
  • ネギ
  • ニラ
  • 海苔
  • おろしにんにく
  • 魚粉

が盛られた汁なしそば。

 

ですね。

 

基本的には上記の具材をメインとして、各店のアレンジなどが入っています。

 

具材と良く絡むように、極太麺であることが多いですね~。

 

豚ミンチは

鷹の爪、にんにく、しょうゆ

などで味付けられていて、「台湾ミンチ」と呼ばれています。

 

上記の具材をよく混ぜて、麺と絡ませて食べます。

 

麺を食べた後には、残りのタレや具に白ご飯を追加する「追い飯(おいめし)」というサービスもあるそうですよ☆

スポンサーリンク

台湾まぜそばの定義とは|なぜ台湾?名古屋まぜそばではないの?まとめ

 

今回は『台湾まぜそばの定義とは|なぜ台湾?名古屋まぜそばではないの?』ということでまとめてきました。

 

  • 台湾まぜそばは台湾ではなく名古屋発祥
  • 台湾まぜそばは台湾ラーメンの失敗として誕生
  • 台湾まぜそばの『台湾』は「台湾」という国ではなく、台湾ラーメンの考案者台湾人の「台湾」からつけたもの

 

でした。

 

台湾ラーメンや台湾まぜそばは、てっきり台湾が発祥と思い込んでいましたが、名古屋とはビックリでした゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事も読まれています