グランメゾン東京 尾花夏樹と早見倫子は結婚する?原作や脚本家から予想!

 

10月から始まった木村拓哉さん主演のグランメゾン東京。

キムタク主演のドラマはやっぱりいいですね!料理の手際も良くて一段とかっこよく見えました~。

 

1話は12.4%と高視聴率だったので、2話の視聴率も楽しみです^^

 

グランメゾン東京1話を見て気になったことがあります。

 

それは、尾花夏樹(木村拓哉)と早見倫子(鈴木京香)が結婚するのか?ということ。

 

「グランメゾン東京 尾花夏樹と早見倫子は結婚する?原作や脚本家から予想!」

ということで、原作ではどうなったのか?など調べてみました。

スポンサーリンク

グランメゾン東京 尾花夏樹と早見倫子は結婚する?原作は?

木村拓哉さんが天才シェフを演じるグランメゾン東京。

 

1話では料理界を追放された尾花夏樹が、料理人を始めたころの気持ちを思い出させてくれた早見倫子と3ツ星レストランを目指す。というような内容でしたね。

 

三ツ星レストランを目指す「パートナー」となった二人ですが結婚やお付き合いをしたり…という展開にはなるのでしょうか?

 

原作から尾花夏樹と早見倫子が結婚するのか?調べようと思ったのですが、グランメゾン東京には原作がありません。

 

なので現時点ではまだわからないのです。

 

私の予想としては、グランメゾン東京の尾花と倫子は結婚せず、お店の料理人・パートナーとして関係で終わると思います。

 

現時点で、鈴木京香さん演じる早見倫子は尾花に尊敬の念を抱いています。

この気持ちプラス恋愛感情が芽生えたとしてもおかしくはないと思いますが…

 

尾花の方にもし気持ち芽生えたとしても、交際や結婚などはしないのではないでしょうか。

倫子のことを「パートナー」として認めていますし、仕事関係の女性に手を出すようなことはしないのでは?と1話を見て思いました。

 

尾花は「女好き」との情報がありますが、実際にドラマ内で女好きな様子はまだ見えませんので、今後の女性関係にも注目したいですね。

スポンサーリンク

グランメゾン東京 尾花夏樹と早見倫子は結婚する?脚本家から予想

グランメゾン東京で尾花夏樹と早見倫子が結婚するのか?原作を調べようと思いましたが、原作はなかったため私の予想をご紹介しました。

 

次は脚本家の過去のドラマから二人の関係について予想してみます。

 

この「グランメゾン東京」の脚本家は

黒岩 勉 さんです。

 

  • メゾン・ド・ポリス
  • 重要参考人探偵
  • 貴族探偵
  • モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー
  • 謎解きはディナーの後で

などなど、黒岩勉さんは過去に多くの人気作品を手掛けていますよ☆

 

黒岩さんの手掛けたドラマでグランメゾン東京のように原作のないものには

  • 絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~
  • オーパーツ
  • dinner
  • 僕のヤバイ妻

などがあります。

こう見てみると、サスペンスものの多い脚本家さんなのですね!

 

しかし、今回はサスペンスではなく「料理」がテーマとなっているもの。

上記に挙げた中で

江口洋介さん主演の「dinner」は今回と同じく「料理人」の話となっています。

 

このドラマでは主演の江口洋介さんと店のオーナー役の倉科カナさんが恋仲になることはありませんでした。

最初はお互いに気に入らない部分もありつつでしたが、最終的にはそれぞれ料理人として・オーナーとして認め合う仲になっていました。

 

今回のドラマ「グランメゾン東京」もこのような展開になるのでは?と推察できますね。

 

なので脚本家の過去作品から予想すると

グランメゾン東京の尾花夏樹と早見倫子は結婚しないという風に思います。

スポンサーリンク

グランメゾン東京 尾花夏樹と早見倫子は結婚する?原作や脚本家から予想 まとめ

今回は「グランメゾン東京 尾花夏樹と早見倫子は結婚する?原作や脚本家から予想!」

ということで、10月期ドラマ「グランメゾン東京」の尾花と倫子は結婚するのか?予想してみました。

 

グランメゾン東京は、原作がなくオリジナル作品となります。

そのため、原作からのカンニングができない状態ですが、

  • 1話で見えた尾花の性格
  • 脚本か黒岩勉さんの過去ドラマ

から予想をすると、

 

尾花と倫子は結婚しないのでは?と推察しました。

 

オリジナル脚本は先がどうなるのかわからなくて楽しみが大きいですよね。

 

尾花と倫子の店「グランメゾン東京」はミシュランで三ツ星を取れるのか?

ナッツ事件の犯人は誰なのか?

はもちろん気になりますが、尾花と倫子の恋模様についてもチェックしていきたいですね^^

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事も読まれています