あいつ今何してる?に出演の西田惇さんの経歴や学歴についてまとめていきます。

 

「西田惇(じゅん)の経歴や学歴がすごい!自宅や結婚も調査」

ということで研究者・西田惇さんについてご紹介です。

 

※番組を観ながらなので順次追記していきます。

スポンサーリンク

西田惇のwikiプロフィールと受賞歴

西田惇さんのプロフィールについてです。

番組を見たところでは

プロフィール
名前: 西田惇
読み方:にしだじゅん
生年月日:1991年
年齢:28歳(2019年11月現在)
出身地:奈良県
居住地:シカゴ(2019年時点)

テレビで見た時にはザ!天才という雰囲気でショット性格が変わっている感じでした。

 

西田惇さんの性格について、大学1年から知る教授は「武士のような学生」だと表現しています。

 

「決して口数が多いわけではないけれど、内に秘めたものを研ぎ澄ましている。自分に対する要求が高くて頑固だが、人の意見を聞く柔軟性があり、決断の責任はきちんと取る」

 

とのことです。自分にも周りにも厳しいタイプではなく、自分にだけ厳しいタイプなんですね。

 

 

  • 2016年から日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • Microsoft Research Asia PhD Fellow
  • 2017年から総務省戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)異能vation採択

 

ヒューマンコンピュータインタフェース、拡張生体技術、VR技術、ウェアラブルデバイスを用いた次世代インタフェースによる、人々の教える能力・学習する能力の最大化に基づく医療支援・デザイン支援・障害児支援に関する研究に従事しています。

 

正直…何が書いてあるのかわかりませんw

 

が、西田惇さんのやっている研究はハンディキャップのある方のためになる、ものすごく高度な優しい研究だということがわかります。

 

パーキンソン病の震えを体験することによって、より良い商品開発ができるでしょうし

リハビリも口頭だけでは伝わらないニュアンスも実際に筋肉を共有することで、効率的にリハビリを進めることができます。

 

まじですごいです。

スポンサーリンク

西田惇(じゅん)の経歴と学歴

奈良女子大学付属小学校に入学

 

「自分で調べるテーマを決める」という理科の授業でたまたま持った本が電気回路の本。

 

その本を読みながら、小学校4年生でロボットや電気回路を作り始めたそう。

小学4年生にして、本を読むだけで電圧を振り分ける装置を作りました!

 

奈良女子大学付属中等学校に進んだ西田惇さんはサイエンス研究会を設立します。

入部ではなく設立してしまうってとこがすごいですね。

 

自分たちとロボットの動きをどう連携させるのか?という研究をし、中学生にして人間の動きと連動するロボットを作り上げました。

 

その結果日本物理学会○○で優勝!

これの大会には高校生も集まり、中学3年生にして優勝を果たしてしまいます。

 

高校に進むとさらにレベルアップをする西田惇さん。

なんと、高校生にして義手の開発に取り組みました。

 

他には、「人の後をついてくるカート」を作りました。

これは、スーパーで買い物をした時に、引っ張らなくてもカゴがついてくるという発明になります。

 

これをスーパーサイエンススクール生徒研究発表会で発表。

ちなみに、発表するときにはスティーブジョブズスタイルだそうです。

 

この大会で高校1年生で文部科学大臣奨励賞を受賞。

 

高校2年生の時には頭からの電気信号を~発明。

朝日新聞社72校が参加した。

 

この研究を発表してほしいとMIT(マサチューセッツ工科大学)に招待!

超エリート大学院生の前で発表をします。

 

アメリカで開催される59ヵ国1600人以上のインテルISEFに日本代表に。

日本代表で最高の優秀賞を受賞。

 

進学先は筑波大学。筑波大学学長表彰もされています。

2014年に筑波大学理工学群工学システム学類卒業。

 

2018年にForbes JAPANが次代を担う30歳未満の若者たちを表彰する

「30 UNDER 30 JAPAN」の30人に選ばれました!

 

2018年10月時点では筑波大学のサイバニクス研究センターで研究をしながら、筑波大学グローバル教育院一貫制博士課程エンパワーメント情報学プログラム在学していたようです。

 

現在の仕事はシカゴ大学。

ノーベル賞受賞者を90人以上輩出した大学で研究員として働いています!

 

研究員として働くきっかけとなったのは、シカゴ大学の助教授と意気投合して誘われたからと言います。

 

意気投合したからってシカゴ大学の研究員として働けるなんてすごいですね!

 

シカゴ大学では、人と人の筋肉を共有する装置を作っています。

これが実用化するとリハビリテーションで役立ったり、パーキンソン病の震えを体感できたり…

と様々な場面で活躍すると考えられています。

スポンサーリンク

西田惇(じゅん)の自宅

西田惇さんの自宅がすごかったので紹介します。

西田さんは昔ホテルだったというめちゃめちゃ豪華なマンションに住んでいます。

 

元々ホテルだったので、部屋自体は大きいわけではなく1LDK。

かなりスタイリッシュな感じで、必要最低限のものしか置いていない感じでした。

 

部屋にはテレビがなく、観葉植物がいっぱいありました^^

テレビがないなんて私には耐えられませんが…天才は違うのですね!!

西田惇(じゅん)の結婚

2019年11月6日の「あいつ今何してる?」で結婚について触れられていました。

 

が、現在は結婚しておらず1LDKの超豪華マンションで1人で住んでおられるようです。

 

かなり変わっている人なので結婚とかまだ先そうだなと勝手ながら感じました。

 

ノーベル賞を取るかもしれない研究をしている西田惇さん。

健康のサポート面で奥様が必要だと思うので、もしかしたら彼女さんはいるのかもしれません。

 

彼女さんがいたとしたら、西田さんのお話についていくのが大変そうですね(;^ω^)

 

こちらの記事も読まれています