『エターナルラビリンス』を運営していた株式会社グロワール・ブリエ東京が破産してしまいました。一般会員の役9万人に影響が出るとのことで話題になっています。『エターナルラビリンス』と言えば平成28年には9ヶ月間の一部業務停止命令を受けていました。そのため資金繰りが急に悪化し、事業継続が困難な状況になってしまったそうです。

今回はこのエタラビの社長や返金・解約方法について調べました!

スポンサーリンク

社長船田正司さんはどこに?

現在の社長は船田正司さん。検索して出てくるもう一人の下田友洋さんは創業社であり前社長らしいです。

その下田友洋さんは行方不明になってしまったなんて言うウワサもあります。

この下田友洋さんについては本人が書いたブログにより経歴がわかりました。

慶応義塾大学を中退、エステサロンに入社し5年間働く。

その後資本金1000万円を元手に2003年グロワール・ブリエ東京

つまりエタラビの経営を始めたと。

次々と全国展開し、100店舗を展開するまでに…。

順調に見えていた経営は取引先との支払いトラブルなどもあり、業務停止命令となり、倒産してしまいました。

そして下田友洋さんはその後行方不明に…

社長と報じられている船田正司さんは仕方なく下田さんの代わりをしているのでしょうか?

そこは謎ですが。

最近では『てるみくらぶ』のこともありますし…

突然不幸が自分に降りかかってくるかわからないものですね。

スポンサーリンク

返金や解約方法について

すでにミュゼとの契約をしている方は脱毛サロンナンバーワンの「ミュゼ」でサービスが受けられるということですが、

ミュゼと契約していない方に関しては解約をして返金を求めるか、優遇措置により新たにミュゼと契約するの2つのパターンが考えられますね。

返金・解約

  •  破産手続内で既に支払った施術料金の返金を受けられる?

→現時点においては一般債権者への配当は極めて困難。

  • 破産手続内で配当を受けるには?

→所定の用紙に必要事項を記載の上、裁判所に対して、定められた期間内に債権届出を。

詳しくはこちらに(ホームページに飛びます)

ということで返金は期待できませんので引き続き脱毛をされる方は優遇措置にてミュゼと契約するのがいいのではないでしょうか?

優遇措置を利用する

代金を全額支払い済みの方は優遇措置で

残回数分のお手入れについて、1回あたり定価の35%の費用を払うことで、継続して美容脱毛サービスをお受けられるということ。

現在代金を支払い中の方は今後も問題なくサービスが受けられるようです。

しかし、脱毛って一括で払った方が安かったりするので…前者の人のほうが多いのではないでしょうか?

利用者が悪いことは全くないのに1回あたり定価の35%払わないといけないなんてちょっとムカつきますね。

詳しくはこちらに書いてあります

ラットタットは大丈夫なのか?

ラットタットというのは関連会社のミスプレミアム株式会社が運営していたエステサロンのことなので、エタラビと同様に倒産ということになります。

ホームページを見てみると、

ラットタットは2017年3月31日で終了して4月15日からは『colorée(コロリー)』として店舗を改装し、ミュゼプラチナムが経営をしていくようですね。

ラットタットの会員の方も上記の優遇措置が効くみたいなので問い合わせるといいですね。

 

こちらの記事も読まれています