今回は漫画家の山本直樹さんにスポットを当てていきます!

山本直樹さんは成人向けの漫画を描いておられるちょっと過激な方です。

森山塔、塔山森という名義でも執筆活動をしています。

こんな刺激的な漫画を描く山本直樹さんのことが気になる!ということで

山本直樹さんの経歴や結婚した奥様、娘さんについて調べていこうと思います!

スポンサーリンク

 

山本直樹のプロフィール

本名:山本直樹(やまもと・なおき)
生年月日:1960年2月1日(57歳)
出身地:北海道松前郡福島町
血液型:AB型
職業:漫画家
ジャンル:青年漫画、成人向け漫画

別名義は『森山塔(もりやま・とう)』『塔山森(とうやま・もり)』という名義。こちらでは主に成人向け漫画を描いています。

山本直樹さんは両親と祖父合わせて4人が学校の先生という教育者の家庭で育ちました。

こんな近い距離で教師が多いと自分も教員になりそうと思ってしまいそうですけど…

そこであえて成人向け漫画家になるとは…ご両親も予想外だったでしょうね(笑)

しかし小学生の頃からそちらに興味はあったようで『ハレンチ学園』を愛読…まぁ男の子ですからね仕方ないのか…(笑)

高校時代には、SF作家である筒井康隆の小説を読んで本の面白さに目覚めた山本直樹さん。

下宿先の女性の先輩から『りぼん』を借りて読んでいたこともあったのだとか。高校で『りぼん』てなかなかないですよね(笑)

大胆な性描写とシャープな演出センスで問題作を数々発表されている漫画家さんです!!

スポンサーリンク

 

経歴

高校は北海道函館中部高等学校

大学は早稲田大学教育学部国語国文学科

実は第一文学部に落ちたため、教育学部に入学することになったのだとか。

どちらにせよ早稲田なので頭が良いことには変わりませんが…偏差値を調べてみると…

文学部の偏差値は60~70

教育学部の偏差値は60~65

と頭もとってもいい方です!教育学部に進んだのはご両親の影響あってのことかもしれませんね♪

大学2年生の冬から漫画を描き始めたという山本直樹さん。

劇画村塾の3期生でもあり、

同期にはあの堀井雄二さんがいらっしゃるとのこと。

堀井さんと言えばドラクエですね!私もドラクエ大好きなので、全く関係ないんですがなぜか嬉しくなっちゃいました(笑)

大学では就職活動はせず、漫画の投稿や持ち込みを始め、

1984年に森山塔名義で『ピンクハウス』に掲載の「ほら、こんなに赤くなってる」でデビューします。

また、同じ年に山本直樹名義でも「私の青空」で『ジャストコミック』新人賞を受賞しデビュー。

デビュー当初は山本直樹名義でストーリー性のある青年漫画を描き、

森山塔・塔山森名義で成人向け漫画を描いていたそうです。

現在はその境目がなくなったきたという山本直樹さん。

 

1991年には『Blue』が初めて東京都青少年保護育成条例で有害コミック指定を受け、当時沸き起こりつつあった有害コミック論争の中心的存在となりました。

有害コミックとは、『コミック本から子供を守る会』的なことで内容的に青少年によろしくないものは有害コミック指定を受けてしまうようです。

しかし、それに懲りず?作風は変わらず、過激な漫画を描かれているようです♪

受賞歴

『ジャストコミック』新人賞(「私の青空」)
第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞(『レッド』)

 

かつてはアシスタントとして飛龍乱さん・奥浩哉さん・山本夜羽音さん・猫島礼さん

などがいましたが、現在はアシスタントをつけず、独力で執筆しているのだとか!

奥浩哉さんと言えばGANTZ(ガンツ)で有名な漫画家さんですね~。

こんな方がアシスタントされていたなんてすごいですね~!!

漫画家さんがアシスタントをつけないとなると自分でやることが多いですから大変そうですよね。。。

スポンサーリンク

結婚した嫁はどんな人?

山本直樹さんは57歳。結婚はしているの?と気になったので調べてみると…

結婚されていました!いつ頃結婚したのかはわかりませんが、息子さん、娘さんがいらっしゃるようですね!

まずは奥さまについて調べてみましたが…

一般の方なのでしょうか?情報がありませんでした。

漫画家の嫁となれば会社員と違って大変でしょうね!

執筆活動となれば部屋にこもることも多いでしょうし…アシスタントを雇っていないと言うことですので、ますますこもることが多くなりそう…。

コミュニケーションも少なくなってしまいそうですが、離婚の情報もなかったですしうまいことコミュニケーションをとっているんでしょう♪

と勝手に想像しています(笑)

子供(娘)は漫画編集者

息子さんの情報はなかったんですが、娘さんの情報はありました!

名前は森山佳奈さんと言います。年齢は残念ながらわかりませんでしたが…

佳奈さんはどうやら大手出版社で働く漫画編集者のようです。

子供の頃に父親である山本直樹さんとの面白いエピソードがあったのでご紹介したいと思います♪

 

それは佳奈さんが小学5年生の時。

屋根裏部屋で見つけた森山塔名義の漫画。小学5年生には刺激的な内容でしたが

漫画の過激な部分ではなく、面白さにハマり森山塔名義の漫画を読み漁ったのだとか。

そして1年後のある日、森山塔が自分の父親だと知り、衝撃を受けた!!

 

というエピソード。

そりゃ衝撃受けますよね!!私だったらお父さん気持ち悪いーとか言ってちょっと突き放してしまいそうですが、

漫画の内容がおもしろいので全くショックではなかった

そうです。小学校の時ですよ!私にはこの考えは持てません、絶対に(笑)間違いなく父親嫌いになります(笑)

今大手出版社で編集をしているのも納得ですよね!しっかりと遺伝子で感性も受け継いでいます!!

 

また、佳奈さんは父親である山本直樹さんに関して

父というより面白いものを紹介してくれる親戚のおじさん

という感じだったと語っています。

面白い漫画をたくさん山本直樹さんが佳奈さんに紹介したから今の佳奈さんがあるんですね♪

 

以上、今回は

  • 山本直樹さんの経歴やプロフィールについて
  • 山本直樹さんのご家族について

調べてきました!

ご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています