爪に異変が見られる人は年々増加しています。都内の足の痛み・変形に特化した足専門診療所には1日120人もの患者が来院していると言います。なんと巻き爪を放置すると足が腐ることも考えられるので注意が必要です。あなたの爪は大丈夫ですか?TV番組を参考に巻き爪についてまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそも巻き爪って何でなるの?

歩き方が問題で巻き爪になってしまいます。その歩き方とは『浮き指』です。

そもそも足の爪の性質は、両端から巻いてくる習性があります。

通常歩くときは指の裏で地面を蹴って進み、下からの圧力がかかることで爪が平たく保たれています。しかし、指を地面につけずに歩く浮き指状態だと、下からの圧力が減り爪が巻いてしまうのです。

歩き方が原因だったんですね。私の家族は5人中4人巻き爪なので遺伝なのかなーとか思っていましたが、自分の歩き方が原因だったとは…。指を浮かさないよう指全体に同じ圧力をかけて歩けば改善されるのなら歩く方を改善せねば…

巻き爪の手術方法とは?

巻き爪の手術は

食い込む爪の部分に、局所麻酔をしてカット。その後生えないようにする、というものです。所要時間はなんと10分、短いですね。

巻き爪予防には

ワイヤー矯正と言って、形状記憶型ワイヤーを爪に付けることで予防をします。

こんなに簡単な手術なら自分でえぐって足が腐ってしまうよりも、病院で手術やワイヤー矯正をした方が良さそうですね。

巻き爪を放置していると足梗塞を引き起こし、最悪の場合足を切断することにもなります!

足梗塞(閉塞性動脈硬化症)とは?

『閉塞性動脈硬化症』通称『足梗塞』とは何なのでしょうか?

足梗塞は血流が悪くなり血管がつまって細胞が死滅する病気です。

糖尿病を患っている方だと神経が鈍くなっているため、小さな傷に気づかない人が多く、足の異変に気づけないので大変危険とのことです。

脳梗塞はよく聞きますが足梗塞とは…初めて聞きました!恐ろしいですね。

 

スポンサーリンク

 

最悪切断も…

実際に両足切断した方もいるんです。

切断した方のコメントですが次のようになります。

巻き爪を爪切りの時に自分でえぐって切ってたいた。そして自宅のお風呂で雑菌が入ってしまった。その後すごく痛かった。まさかこんなことになるとは思わなかったと。。。

そうですよね。私も巻き爪ですが、巻き爪が原因で足を切断することになるなんて到底考えられないです。

専門の先生によると、自分で気づかないうちに病が進んでいるということが一番危険なことだそうです。そして気づいた時には、もう壊疽という状態になっていたという患者が非常に多いということです。足梗塞による足の切断者は年間なんと約2万人!とても多いですよね。

つまり巻き爪になっていると、巻き爪により常に負傷し、その上爪切りの時に肉が食い込み負傷する。その結果、雑菌が入り、繁殖して感染症の恐れがあります。最悪の場合、足の切断につながるのです。

年間約2万人というと、他人ごとには思えませんね。

実際巻き爪の人はどのくらいいるのか?

専門のお医者さんに見てもらった結果

道ゆくシニア世代の方51人を調査した結果、巻き爪の方は8人でした。

以外と少ない…と感じるかもしれません。

しかし、その中で巻き爪予備軍はとみられる方が51人中12人いました。

巻き爪予備軍のサインとはなんなのでしょうか?

正面から見て、足の指が真っ直ぐではなく傾いています。この指の形が巻き爪予備軍のサインなのです。これは歩き方が悪く、指の内側に力がかかり、親指が曲がってしまっている状態です。

指にかかる体重のバランスが崩れると下からの圧力に差ができ、巻き爪になってしまいます。地面からの圧力が弱い方の爪は巻いていき、一方地面からの圧力が強い方の爪は肉が覆いかぶさり、結果巻き爪になってしまいます。

このように実際に痛みや自覚がない方でも巻き爪予備軍ということで、あなたも巻き爪になってしまうかもしれません。

肥厚爪

肥厚爪とは名前の通り爪が肥厚して分厚いくなったものをいいます。

この肥厚爪の原因は

  • 大きい靴を履く
  • ハイヒールを履く

ことなどが原因です。大きい靴を履くと、靴の中で足がズレつま先を何度も刺激します。

また、ハイヒールなど窮屈な靴を履き指先を刺激します。

このように、前に伸びようとする爪に圧力をかけると前に伸びるのを妨げ、上に分厚くなる、と言うことになります。

これが結果肥厚爪となってしまうのです。

肥厚爪になると、その爪が当たって爪の下に傷ができ、感染症になる恐れがあるのです。感染症を起こしてしまうと最悪切断ということにもなりかねませんので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

爪のケア方法

TV番組で取り上げられていた、フットケアサロンでは、

歩いて病院に出向けない高齢者の方を対象に訪問ケアサービスなるものを実施しています。

その施術内容は

肥厚爪の方には、専用器具で変更した爪を削る、足湯マッサージで足をほぐす

という施術をしていました。

足の爪の変形は放置すると指が傷つき、雑菌を侵入させる原因になってしまいます。また、自分でえぐってなんとかしようとしても雑菌を侵入させてしまって悲惨なことになるかもしれません。

巻き爪や肥厚爪で悩んでいる方は一度専門のお医者さんに診てもらったいいかもしれませんね。

こんな人は要注意!足梗塞のサインとは?

普段自分の足をまじまじと見ることはないですよね。しかし、それは足梗塞のシグナルを見逃してしまうことになるかもしれません。

足梗塞のサインは、

  • 爪が分厚くなる
  • 指の毛が生えなくなる
  • 肌の色が悪くなる

です。お風呂の時など日頃からチェックする意識を持っておくことも必要かもしれませんね。

指の毛が生えなくなるって驚きですよね!血流が悪くなっているから毛が生えなくなる…ということらしいです。そう言われると納得。

最後に

いかがでしたか?正しい歩き方ができていないと爪の性質によって巻き爪になっていきます。また、サイズの合っていない靴やハイヒールなどでつま先を刺激することにより肥厚爪になってしまいます。

日本では足の健康意識が低く、あまり重要視している人はおらず、自己処理で済ませがちですが、雑菌などが侵入しとても危険です。

日常的に足のチェックを行い、足の爪に異変が見られる場合はお医者さんに診てもらうようにした方が良さそうですね。

こちらの記事も読まれています