道尾秀介の身長や高校は?嫁や子供も気になる!

今回は道尾秀介さんに
スポットを当てていきます!

道尾秀介さんは直木賞を受賞した
ミステリー作家さんです。

そんな道尾秀介さんの

身長や高校について、
結婚したお嫁さんと子供について

調べてみました!

[アドセンス1]
スポンサーリンク

道尾秀介のプロフィール(身長)

名前:道尾秀介(みちお・しゅうすけ)

本名:多田秀介(ただ・しゅうすけ)

生年月日:1975年5月19日

出身地:兵庫県芦屋市

血液型:O型

職業:小説家、推理作家

本名は公表されていませんが、

以前ホームページで作品を
書かれていた時に使っていた

お名前が多田秀介だった
ということで多田さんが本名
であると考えられます。

ペンネームの『道尾』は
映画の脚本家であり、推理作家である
都筑道夫さんに由来します。

小説家を目指すようになった
きっかけは17歳の時に
お付き合いしていた彼女。

小説好きの彼女のおかげで
今の道尾秀介さんがあると思ったら…

彼女さんナイスですね!(笑)

道尾さんの身長が気になっておられる方が
いらっしゃるようなので調べてみました!

私的に身長低そうだな~
なんて思っていたんですが、
そうではなさそうです!

谷本賢一郎さんが178㎝なので…
身長170㎝はあるのではないでしょうか?

と思われます!
[アドセンス1]

スポンサーリンク

道尾秀介の経歴

現在推理作家として
活躍されている道尾秀介さん。

そんな彼の
出身高校や大学、小説家になってからの
経歴について調べて行こうと思います!

まず高校からですね!

と調べてみましたが、
高校の情報はありませんでした。

兵庫→千葉→東京→茨城と

いろんな県を転々としているので
親の都合などで転勤が多く

もしかしたら1つの高校にとどまることが
少なかったのかもしれませんね。

高校で付き合った彼女の影響で
小説を読み始めたということなので
高校は男女共学だったのかな?

…と予想はできますが、
特定はできませんでした。

そんな道尾秀介さんの大学は

玉川大学農学部!
偏差値で言うと、42.5~50!!

小説家なのに何で農学部
に入ったんでしょうか?

ど疑問に思う方も多いと思います。

しかし更なる疑問が(笑)
なぜか農学部を卒業して
住宅機器メーカーに就職するという謎(笑)

ちょっと異色の経歴をお持ちですね。

と思ったのですが、どうやら小説を
書き始めたのは大学1年生の時。

農学部入学後に小説家を
目指し始めたんですね!

それなら農学部からの小説家にも
うなずけますね!

普通、作家さんは高学歴な文学部
卒業なイメージなのでちょっと特殊
な感じがします。

大学卒業後は
住宅機器メーカーに就職。

翌年『どうして犬は』
で入選し小説現代に掲載。

2002年『手首から先』
第9回日本ホラー小説大賞短編賞の
最終候補作になる。

オフィス用品の商社で営業職
として勤めながら

2004年『背の眼』で
第5回ホラーサスペンス大賞特別賞
を受賞し小説家デビュー。

小説家デビューした翌年、
商社を退職し専業作家になりました。

その後も

  • 2006年『シャドウ』 このミステリーがすごい!上位ランクイン
  • 2008年『ラットマン』『カラスの親指』 このミステリーがすごい!作家別投票第1位
  • 2009年『向日葵の咲かない夏』 年間83万部 オリコン年間本ランキングの文庫部門で第1位(2011年には100万部を超えるベストセラーに)
  • 2011年『月と蟹』 第144回直木賞を受賞

と数々の賞を受賞。

直木賞候補に5回連続でノミネート
されたのは戦後最多記録
だったとのこと☆

そして直木賞『月と蟹』の副賞
である賞金は東日本大震災の被災者に
全額寄付したそうです!

全額寄付なんてなかなかできること
ではないですよね…。

好感度高いです!!

実は音楽活動もしている
道尾秀介さん。
谷本賢一郎さんと
音楽ユニットDENを組んでいます♪

スポンサーリンク

結婚した嫁や子供は?

道尾秀介さんは
ご結婚されているのでしょうか?

調べてみたところ、
結婚しているとの情報がありました。

その情報によると、
インタビューで子供が産まれる的な
ことをおっしゃったということですが、

そのような記事は見つけることが
できませんでした。

噂レベルですが
ご結婚は2009年にはしていて
子供いるとのことです。

道尾秀介さんは優しそうな雰囲気で

お父さん、と言われても
違和感がないですよね。

私のの勝手なイメージですが、

小さい娘さんに対してニコニコ
デレデレしていそうな気がします(笑)

ご家族については情報が入り次第
追記したいと思います♪

[アドセンス1]
こちらの記事も読まれています