赤ちゃんの寝かしつけ!腱鞘炎や腰痛でもバランスボールで楽に夜泣き対策!

赤ちゃんの寝かしつけって大変ですよね。

 

夜に中々寝てくれないと近所にも迷惑がかかってしまったり、

隣で爆睡するパパにイライラしたり、

何よりも自分の睡眠時間が確保できないのがつらいですよね。

 

赤ちゃんはかわいいのにイライラしてしまい、イライラした自分が嫌になったり…。

 

ホルモンバランスも崩れているため精神的にもとてもきついです(T-T)

 

そんなママへ、体に負担をかけずに赤ちゃんの寝かしつけに成功したので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

腱鞘炎や腰の痛みがない!

赤ちゃんは朝、昼、夜休むことなく抱っこしなければいけなくて、腱鞘炎になってしまうママもたくさんいるようです。

私もその中の一人です。

 

湿布を貼ったり、サポーターを付けたり…いろいろ試しましたがなかなか治らないんですよね。

そして産後って腰が痛いんですよね…。

 

 

抱っこすると腱鞘炎にもなるし、長時間抱っこすると腰にも痛みが…。

この時に私は年を感じました(笑)

 

腱鞘炎+腰の痛みでどうにもならなかった私を助けてくれたのがバランスボールです。

 

立ちっぱなしに疲れ、たまたまそこにあったバランスボールでぽよぽよしていただけであら不思議。

 

いつもより早く寝ついてくれたのです。これはすごい!すごい発見だ!誰も知らないだろ、この方法!

と思っていましたが、調べてみると意外とバランスボールを使った寝かしつけはみなさんやっているみたいですね(^^;

スポンサーリンク

赤ちゃんに負担のかからないように

寝かしつけの方法はバランスボールでぽよぽよするだけですので、特に難しいことはありません。

 

しかし、安全面からあまり激しくぽよぽよせず、首が据わっていない場合は首をしっかり持ってぽよぽよしましょう。

 

小さくて壊れそうな赤ちゃんにそんな乱暴をするお母さんはいないと思いますが、パパには注意が必要かもしれません。

 

揺さぶられ症候群ってご存知でしょうか?

誰でも知っていることだと思っていましたが、私の夫はそんな言葉を知らず、激しく赤ちゃんを揺らしていました。

パパには『優しくね、』と声をかけてあげましょう。

スポンサーリンク

産後のエクササイズにも使える!

バランスボールと言えばエクササイズにも使えますよね。

産後外に出る機会も少なくなり運動不足にもなりますので、産後一ヶ月を過ぎてから体に無理のないように少しずつエクササイズをしていくといいかもしれませんね。

 

という私は意思が弱くエクササイズが続かず、ブクブクと太っています(笑)

私と違って意思の強い方は少しずつ筋力をつけていってくださいね。

バランスボールの選び方

選び方という程のことではありませんが、私はバランスボール選びに失敗してしまいました。

バランスボールを買いに行ったとき、大きさがいっぱいあるけどどれを選んだら良いんだろう…と悩んだ末にパパと

『大は小を兼ねる!』とか言いながら一番大きいものを買いました(笑)

 

家に帰りうきうきとバランスボールを膨らましてぽよぽよしてみる…。あれ?足が届かない!?

 

それもそのはず、パッケージを見てみると『身長180cm以上』とのこと。

170cm後半のパパはちょうどよかったみたいです。

 

みなさんはバランスボールを選ぶときはちゃんと身長を加味して選んでくださいね!

最後に

いかがでしょうか?

大変な赤ちゃんの寝かしつけもバランスボールがあれば楽ちんです。

腱鞘炎や腰痛持ちの方にも負担が軽減されますのですごくおすすめです!

 

バランスボールにのって優しくぽよぽよと、心地よい揺れを赤ちゃんに作ってあげてくださいね。

産後のエクササイズでも使えるので一つ勝っておいても損はないですよ。あまり無理をせずに、楽しく子育てができるといいですね。

こちらの記事も読まれています