油が体にいいと大ブームになりましたね。実際にスーパーに行くとたくさんの種類の油がありますよね。そんな油ですが、食べ方が悪いと健康に良いどころか、逆にお肌がカサカサになったり、肝機能の低下、脳出血を起こす可能性もあるのだとか。今回は油博士おすすめの油、食べて健康になる3つのスーパーオイルをご紹介します。

スポンサーリンク

油のカロリー・正しい摂取方法など

油のカロリーは種類によって違う?

植物油にはサラダ油、ごま油、オリーブオイル、べに花油などたくさんの種類がありますが、実はどの植物油も大さじ1杯で110キロカロリー程度です。カロリーは同じなんですって!なんかビックリですよね。個人的にオリーブオイルとかカロリー高いかなと思ったんですが、どの油も一緒なんですね。

正しい油の摂取方法は?

油の摂取方法で絶対にしてはいけないことがあります。それは酸化した油を使用することです。酸化した油を摂り続けると、健康にいいどころか、悪影響を及ぼします。血管壁に酸化した油が蓄積され血液の通り道を妨げ、高血圧の原因になります。そして、 血管が酸欠や栄養失調になり最悪の場合動脈硬化や脳卒中などを招くかもしれません。

油の種類によって酸化までの期間が異なりますが、一般的なサラダ油は開封後12ヶ月以内に使いきるように容器にも記載されています。
また、油は開封しただけで酸化してしまいます。しかも光に当たることでも酸化するので注意が必要です。遮光瓶に入ったものを購入するか、透明の容器での購入後は暗所やアルミホイルで覆って保存するといいですよ。

油購入の際は、大きくてお得な油よりも、期限内に使いきれる量のものをおすすめします。お財布に優しいのは大きいサイズの油ですが、体に優しいのは小さい使いきれるタイプですね……うーん、悩みます。
自分でも気が付かないうちに
油は酸化しているかもしれません。油を加熱した時に嫌な臭いや煙や泡が消えない、という場合はかなり劣化が進んでいると言えます。もったいないですが、すぐに捨てた方がいいようです。

 

スポンサーリンク

 

【スーパーオイルその①】米油

米油でってあんまり聞きなれないですよね。米ぬかから作った油で、スーパーにも普通にあるんですって。

特徴
  • 揚げると油っぽくなく、サックリ揚がる
  • 通常のビタミンE4060倍もの抗酸化作用をもつスーパービタミンEを豊富に含む
  • 悪玉コレステロールの退治
  • 老化予防の期待
  • 自律神経の働きを調整する
    (
    倦怠感や不眠を改善が期待できる)

歳をとってくると油物はきつくなりますが、軽い感じで揚がるのは嬉しいですね!ちょっと挑戦してみたいな。

【スーパーオイル】そのえごま油

えごまと聞いてごまから作られたと思いがちですが、シソ科のえごまの種から作った油です。

特徴
  • 必須脂肪酸のオメガ3系を多く含む油(オメガ3は人の体内で作ることはできず、現代人が不足している脂肪酸)
  • 必須脂肪酸の一種であるαリノレン酸の含有量はごま油やオリーブ油と比べ圧倒的に多い
  • 小さじ1杯で1日分のオメガ3摂取量をとれる
  • 血液の流れを良くする効果があるため、動脈硬化の予防や美肌効果や老化予防も期待できる
えごま油を摂取すると時の注意点
  • 熱を加えない(熱を加えてしまうとえごま油の効果を台無しにする)
  • オメガ3系他の油に比べては成分が壊れやすい特性があるため、100℃以上に熱すると急速に成分破壊が進む。揚げ物には使用しない
  • 長期保存に向かないため、冷蔵庫で保存し、2ヶ月以内に使いきる
食べ方
  • 手作りドレッシング
  • 納豆や卵かけご飯にそのままかける
  • 食べる直前にお味噌汁に加える

美肌効果のあるオメガ3が摂取できるのは嬉しい!『美肌効果』って言葉に女性は食いつきますよね。食べるだけで美肌になるなら食べたい!

【スーパーオイルその③】マカダミアナッツオイル

特徴
  • 脳の血管にも届く油
  • 他の植物油にはあまり含まれていないパルミトレイン酸が糖尿病予防に効果的
  • 限られた栄養素しか通さない脳の血管にもパルミトレイン酸は入り込めるため、脳の血管を強くして、脳卒中を防ぐ効果が期待できる
  • 糖質ゼロなのに甘さが感じられ、香りもマカダミアナッツの香りで風味が強い
食べ方
  • 甘みがあるのでバターの代わりにパンにつける
  • アイスクリームにかけてもいいかも

脳の血管に届く油って聞いたことはなかったのでとても興味があります。でも一般的な価格は180g1200円とお高めなのでなかなか挑戦できないのが難点ですね…。

最後に

いかがでしたか?油ブームで体に良いからといってたくさんの種類をいっぱいとればいいわけではありません。自分が気になる症状に合わせて、油を選び、適切な量摂取することが大切です。油博士がおすすめのスーパーオイル3種類、試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も読まれています